2012年10月16日

● 第7回鈴鹿山麓かもしかハーフマラソン

5時15分に起床。今までマラソン大会はいつでも帰ることが出来るように車ばかりだったんですが、今年は初めて電車にしました。予定より一本速い電車に乗ったらさとりんさんたちと遭遇したので、一緒に連れて行ってもらいました。会場には8時過ぎに到着できました。事前準備はFRUNのところでお世話になり 幹事のホヨホヨさんをはじめ皆さんありがとうございました。

まず受付に行ってゼッケンと参加 賞を受け取ります。この大会の万古焼きの参加賞は毎年楽しみで今年はマグカップでした。ゼッケンを付けたらトイレに行き軽くアップして着替えて20分前に整列。アップのとき調子がいいと感じたので前のほうに並びました。


先に5kmごとのラップを。手持ちのガーミンによるオートラップで記録した距離は20.92kmでした。
 
(START~5km)22’04”00 
(5km~10km)23’32”89
(10km~15km)24’54”07
(15km~20km)27’17”58
(20km~GOAL)4’26”31     
これをみれば 典型的な突っ込み沈没型の走りでした。


ざっと振り返ってみると、6秒のタイムロスでスタート。普通に走って1kmの通過が4'21”で特に苦しくなかったのでそのままなりゆきで行って2kmのラップは4’33” スタートからの登りが終わって下り始めて4’38”と同じように走っているのにだんだん落ちて行きました。 田んぼの中を通る下り坂では陽射しと向かい風が気になったので前にランナーを風除けに付いていったら4’11”。 風は皆さんあまり気にならなかったそうだから ナーバスになっていたようです。下り坂なのでこのペースでもさほど苦になりませんでした。

この後は4’30”台が続いて次の5kmは23’32”89。 このときはまぁこんなもんかぐらいに思っていただけでしたが、はっきり異変に気がついたのが9kmからの上りに入って足があがらずどんどん抜かれ始めた10kmころでした。全部給水しているのに喉がからからで、さほどがんばっていないのに心拍が160を超える状況でした。11kmの上り区間は別として最後の1kmは5分台におちてしまって10~15km区間は 24’54”07。

次の5kmはどうやって立て直すかいろいろやっていましたが立て直せず5分台ばかりのラップで 27’17”58。
最後の下りはなんとか4分台でしたが結局3年半ぶりの100分超えでした。練習量は維持できているのでどんなに悪くても100分を超えることはないだろうと思っていましたけど突っ込んでしまって足が動かなくなると回復は難しいことを改めて再認識しました。いびがわの走り方も再度考え直す必要があります。

この後 お風呂に行って打ち上げに参加し楽しい一日を過ごしました。シーズン初めの大会で反省点が多く見つかりましたが充実した大会でした。



にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!
Posted by 景虎 at 20:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t84554
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい