2013年02月11日

● 女城主マラニック

昨日の30km走の疲れが残る中 岩村酒蔵の蔵開きに行くマラニックに参加してきました。みんなでわいわいやりながら走ってお風呂でさっぱりしたら酒蔵に行ってできたての日本酒を試飲するという呑助のランナーにはたまらない企画です。今回のマラニックコースは中央本線の釜戸駅からまきがね公園まで行ってそこから東海自然歩道を通って夕立山を通って岩村に入るルートでした。 


8時半ごろ釜戸駅を出発。この日の恵那の9時の気温は-2.6℃ 吐く息が白い中ゆっくりペースで進んでいきます。途中通行止めがあって田んぼのあぜ道を迂回したり行方不明者がでたりといろいろハプニングがありましたがメンバーの多くが超ウルトラを走られるランナーなのでそのうち合流するだろうとハプニングを楽しんですらいる様子でした。後で聞くと名古屋から釜戸まで走ってきた方もいて とても昨日30km走って調子が悪いと弱音は吐けないメンバーでした。 

東海自然歩道に入って登りが出てくるとグループの中盤で頑張っていたのも徐々に遅れだしてほぼ最後尾を走るようになってきました。くだりに入って痛みも出てきましたから無理せず進んでいると後ろから収容車が来てくれたので迷わず乗せてもらいました。


結果 皆さんより一足速く岩村山荘のお風呂を一番で使わせてもらえました。ここは脱衣場は脱衣籠だけでロッカーがないところです。貴重品が気になる場合は脱衣場の外にある有料ロッカーに預けなくてはなりません。10人も入ればいっぱいになるような規模ですから、このようなイベントの時は脱いだ服を入れておける荷物袋を持っていけたらいいかもしれません。

お風呂でさっぱりした後はいよいよお楽しみの岩村酒蔵の蔵開き。盛況といってもたいしたことはないだろうと内心思っていましたが奥の蔵で開かれていた試飲会には大勢の人で込み合っていて大盛況でした。この日提供されていたお酒は全部で5種類。試飲会場の入り口で100円のお猪口を買い求め試飲させていただきました。5種類のお酒はどれもそれぞれ個性があって美味しく、気をつけないと飲みすぎてしまいそうでした。食事の予約時間が来たので後ろ髪惹かれる思いで酒蔵を後にしましたが予定が決まっていなかったらずっといたかもしれません。^^

今回の蔵開きは36回目との事、大勢の人が試飲しており岩村酒蔵もよく続けられるなと感心していましたが帰りの明智鉄道はほぼ満員、周囲の食堂やお菓子屋さんも賑わっていて経済効果は大変なものがあるからこれだけ続けられるのかな?その継続の力の源は?などいろいろ考えるネタの多かったマラニックでした。帰りは明智鉄道から恵那に出て中央本線で名古屋に帰るという楽しい一日を過ごしました。

にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギング・・マラソンへ
クリック1回が栄養源!


Posted by 景虎 at 10:43

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t87582
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい