2013年03月21日

●  プラネタリウム・科学館

名古屋のプラネタリウムがリニューアルしたのは2年前。格好のブログネタで「どんなに並んでいても直ぐ行ってブログにアップ」とブロガー魂が燃えていたのもあの震災で「こんなことしていていいのか?」と一気に行く意欲がなくなり、その後のチケット入手の煩雑さを聞いてすっかり足が遠のいていました。 先日プリンターメーカーからプラネタリウムの観覧と講演イベントの案内があり応募したら当選したので行ってきました。


昔は星少年でしたが プラネタリウムは多分中学以来です。昔の椅子と違ってリクライニングシートに30°左右に回転するので隣と程よい間隔が開いていて肘掛の隣との微妙な距離感も気にしなくて良くて快適な空間に変わっていました。また以前は赤ちゃんが泣き出したりして煩かった印象があったのですが鑑賞の説明のなかで騒いだ場合の対処をやさしく案内されており、実際でも泣き出した赤ちゃんを連れて即座に退出していましたから 夜空を鑑賞するいい空間が保たれていました。新しい投影機でより鮮明な星空になったとニュースで聞いていたのですが老眼で違いははっきりわかりませんでしたが、前回見たのは云十年前なので怪しい話です。南半球の夜空や今時の彗星の話など耳新しい話もありあっという間の時間でした。



この後、イベントは地下のホールに移動してCWニコルさんの講演を聴いて終わりました。一旦食事に外に出て同じチケットで再入館して生命館、理工館、天文館の展示を見ていたら、おっさん一人で周囲からは浮いていたにも係わらず、閉館近くまでしっかり楽しんでしまいました。一緒の人がいると気になってさっと見ますが一人だと結構展示に没頭できます。ジャイロ効果やコリオリの力、昔苦労して学んだことが結構思い出せて時間が潰れます。整理券が必要な極寒ラボや放電ラボは見られませんでしたが、たっぷり一日楽しんできました。。


プラネタリウムは見たいけどわざわざ並んでチケットを入手してまでは。。。と思っている大人の人は往復葉書で申し込める夜間投影という方法(多数抽選、有料)があります。また 個人予約の方法も名古屋市科学館のサイトに案内されていました。興味のある方はご参照ください。


Posted by 景虎 at 22:28

この記事へのトラックバックURL

http://kagetora.mediacat-blog.jp/t89091
※このエントリーではブログ管理者の設定により、ブログ管理者に承認されるまでコメントは反映されません
上の画像に書かれている文字を入力して下さい